sinamo news

カジュアルワイン&シナモ式ピザ

「まるごと1コのモッツアレラ・チーズとトマトのサラダ」のご紹介

まるごと1コのモッツアレラ・チーズとトマトのサラダ  1300円 定番f:id:sinamoblog:20160817113202j:plainモチモチした食感の新鮮なモッツアレラ・チーズをまるごと1コ使用。

甘味のあるトマトとの相性は◎です。

 

店主のひと言:私の場合、コレがなければ始まらないのである。 ※個人の感想です^^;

「厚切りベーコン・ステーキ きざみわさび添え」のご紹介

「厚切りベーコン・ステーキ きざみわさび添え 700円」 定番f:id:sinamoblog:20161014165306j:plain

アテであっても、「少しだけど、肉食べたいなあ~」、と思う時にちょうどいいものはないだろうかと思い、作ったのが本品。

コクのある肉質の豚ベーコンを少し焦げ目が付く程度にソテー。そこにきざみわさびを添えることで肉の旨味がより一層引き出せるのではないでしょうか。

 

店主のひと言:もちろん、コク重系の赤ワインが良く合うと思いますよ。(^^;

「半熟玉子のカルボナーラ・ピザ」のご紹介

「半熟玉子のカルボナーラ・ピザ 1700円」 新定番!f:id:sinamoblog:20190618201325j:plain

ワインを飲んだ後の「〆のピザ」で何かいいものないかなあ??と、社内で話しているうちに激論!

結論がコレです。m(_ _ )m

本来はパスタで作るべきカルボナーラをシナモ式ピザに置き換えて制作。

パルミジャーノ・レッジャーノチーズ多めの濃厚なクリームソースに自家製の燻製ベーコンを気持ち多めに使用。味に深みが増します。

そこに、半熟玉子を添えればもはや濃厚感はヘビーメタルのような食べごたえ(ムフ

最後に「カルボナーラ=炭焼職人風」の意のままに黒胡椒は多めに。これがアクセントになって酒の〆にはイイんですよ!

なお、ご好評のためレギュラー化して販売しております。(^^;

 

店主のひと言:と、言うことはやはりグラッパをお供にいただきたいところですよね!?

↓なお、制作秘話をSC会員向けブログに掲載しました。おヒマな方だけお読みください。(^^;

sinamoblog.hatenablog.jp

ランチ・セットメニュー(11:30-14:00 L.O.)のお知らせ

お好きなシナモ式ピザ、パスタ、ハンバーグからお一つお選びください。お選びいただいたセットメニューにサラダ+ドリンクなどが150~350円で付いてきます

 

↓店内のご案内メニュー(ランチの構成)はこちら
①はじめにA,B,Cから一つお選びください(Bはドリンクの種類、Cは1/4バゲットの種類を教えてください)。

②次にシナモ式ピザ、パスタ、ハンバーグから一つお選びください(シナモ式ピザ、パスタはメニューブックからお選びください →全メニューから一つお選びいただけます)

*売切れ次第終了
■年末年始モード時はご提供いたしておりません





 

「特製ナスのボロネーゼ・リガトーニ」のご紹介

「特製ナスのボロネーゼ(ミートソース)・リガトーニ(ショートパスタ)1500円」 新商品、期間限定f:id:sinamoblog:20220121114019j:plain

ひき肉をトマトでじっくり煮込んで仕上げる人気のナスのボロネーゼ・ソースを使い、今回はもっちりとした食感のリガトーニ(ショートパスタ)にてご提供。
パルメザンチーズを多めにかけています。
売切れの際はどうかご容赦を。

 

店主のひと言:年に数回登場する人気メニュー。一旦作って、冷蔵庫で1日程度寝かせますのでもう少しお時間をください。^^;

「ガトー・ショコラとバニラ・アイスクリーム」のご紹介

ガトー・ショコラとバニラ・アイスクリーム」 850円f:id:sinamoblog:20160806141050j:plain

チョコ成分が多く、濃厚な味わいの大人向けガトーショコラ。しっとりとした味わいで食べ応えもあるでしょう。
そこにバニラアイスを添えベリー類を散らしました。

良かったら、食後の〆にどうぞ。

 

2023-24年、年末年始の営業のお知らせ

2023(令和5年)

12/22(金) 通常営業

12/23(土) 通常営業(年末年始モード)

12/24(日) 通常営業(年末年始モード、クリスマス特別対応)

12/25(月) 通常営業(年末年始モード、クリスマス特別対応)

12/26(火) ~30(土) 通常営業(年末年始モード)

12/31(日) 「昼の部」のみ営業、「夜の部」は店休

 

2024(令和6年)

1/1(月) 元旦、店休

1/2(火) 12時より営業(年末年始モード、21時閉店)

1/3(水) 12時より営業(年末年始モード、21時閉店)

1/4(木) ~ 8(月・祝) 通常営業(年末年始モード)

1/9(火) ~12(金) 冬休み

1/13(土) 通常営業

 

以上

「豆富を使ったクリィーミーなグラタン 北海生ウニをのせて」のご紹介

豆富を使ったクリィーミーなグラタン 北海生ウニをのせて 1700円」 定番f:id:sinamoblog:20191029161043g:plain1999年開店以来の人気メニューが今年も登場です!

コク味のある京豆冨を使用。隠し味に京都味噌を練り込んでいます。

トッピングには甘味濃厚な北海道の生ウニの表面を炙ってご提供。ぜひ、熱あつのうちにお召し上がり下さい。

 

 

店主のひと言:ウニと豆富が意外によく合うんですよ。これとシャブリなど辛口白ワインと合わすと、さらにいい感じです。^^;

祝!2023年ボジョレー・ヌーボー

※完売いたしました

11/16(木)はボジョレー・ヌーボー解禁日

今年は4年ぶりにあの頑固オヤジが作るヴィラージュ・ヌーボーを僅少ながらゲット!
連続最高金賞受賞で引く手あまたの頑固オヤジが作るヌーボーは今年もぶどうの輪郭が明瞭なのに芳醇な香りとボジョレーの概念を超えたリッチな果実味感が堪能できるのではないでしょうか??
今年も酸化防止剤無添加でナチュラル・ビューティーな出来映え! ※個人の感想です

 

最大の理由は樹齢50年以上のヴィエイユ・ヴィーニュ(フランス語で「樹齢の高いぶどうの木」を意味し、樹齢が高くなると木に成る果実の量が減少。しかし、少ない果実や葉は十分に太陽の光を受けることが出来、また土の中のミネラルなどの栄養分も、ひとつひとつの果実に行きわたりますので、若木に比べてクォリティーの高いぶどうが出来ると言われています。)使用のためと思います。

 

違いが分かる貴姉貴兄にこそ飲んで欲しいボジョレー・ヴィラージュ・ヌーボ-
この機会をお見逃しなく!(^^;

 

 

ボトル   5900円(約7.5杯分)

ピッチャー 3200円(約4杯分)

ラス     900円

 

 

産地:フランス、ブルゴーニュ、ボジョレー地区
ブドウ:ガメイ種100%

入荷本数僅少に付き、売り切れ次第販売終了。この機会をお見逃しなく!(^^;


ご注意!
・11/16(木)のお昼12時頃からご提供予定です
・お取り置き不可です(SC会員様だけ1本まで)

 

「里芋のバターソテー ブルー・チーズを添えて」のご紹介

「里芋のバターソテー ブルー・チーズを添えて 790円」 超人気!f:id:sinamoblog:20160929105943j:plain

シナモの新定番が今季も登場。

里芋のまったりとした味わいと土臭さがブルー・チーズの芳醇な香りと味わいとが実にワインと良く合いますよ。

シナモの特製ダシで里芋を煮出し、それをサッとソテー。表面カリッ、中フワとろ、とした食感が美味しさのヒミツか、と自負いたしております。

 

 

店主のひと言:個人的な感想を申せば、ブルゴーニュ産のピノ・ノワール種赤ワインと合わすのが好きです。(^^;

 

「温泉玉子なガーリック・ポテトサラダ」のご紹介

「温泉玉子なガーリック・ポテトサラダ 550円」 人気f:id:sinamoblog:20201109160810j:plain
人気の「ガーリックポテトサラダ シナモ式」に温泉玉子をのせた実に安易な、もといシナモファン待望のメニューが登場!

玉子のクリーミーさが実にねっとり系ポテサラによく絡みます。

ぜひ、ぐちょぐちょにして官能的にお召し上がり下さい。

sinamoblog.hatenablog.jp

 

店主のひと言:ねっとり、まったり、あなたを官能の世界に誘います。^^;

 

「ツナと黒オリーブのピザ “伝説”」のご紹介

「ツナと黒オリーブのピザ “伝説” 1450円」 復活!
幻のシナモ2号店、“エクボ”にてご提供していた本ピザが15年ぶりに復活しました。
 
ツナのコク味と黒オリーブのほのかな甘味とくせのない味わいのバランスがいいでしょう。さらに、脇役の新鮮な玉ネギが辛みを与えることで、立体的な味わいに仕上げています。
 
良かったら、一度お試しください。
 
 
 
 
店主のひと言:かつて、祇園白川の端っこにあったエクボ店。ある日、そこに一人のイタリア人の青年がやってきた。彼はその後、毎日7日間連続でやって来た。なんでも、あるイタリア国内の放送局の依頼で京都の風景を取材しているという。
で、何でウチに7日間も来て同じピザばっかり食べるてるのと聞くと、「う~ん、明らかにイタリアのピザとは違う。しかしながら、コレはコレで美味い。だから、来たんだよね~。」と朗らかに笑いながら彼は答えた。
店主は偏見のない青年の大らかな思想に、なんとエエ奴っちゃぁと、感心。その後、店主とイタリア人青年はハグをし、またの再会を期したのである…。
それが、ま、“伝説”っちゅうコトですねん。^^;
 

「幻…、魚介のサラダ」の紹介

「幻…、魚介のサラダ」 大体1800円ぐらい 新商品※ご参考までに、撮影時の魚介は鯛、ブリ、マグロ+からすみパウダーを振りかけています

その日の旬な魚介のカルパッチョを数種類使った贅沢なサラダ。なので、良い魚介が手に入らないときは幻となります。ゴメンね。

自家製の柚子胡椒(ユズコショウ)ドレッシングでご賞味ください。

 

 

店主のひと言:実は8年ほど前に大人気でしたが、手間ヒマがかかるため廃番…。人不足なのに無謀にも期間限定で復活させました!と、いうのもやっぱりキリッと冷えた辛口白ワインに合わせると実にウマいと思いますから。^^;

「130gハンバーグ・デミグラス シナモ風」のご紹介

130gハンバーグ・デミグラス シナモ風 1550円  定番

ランチタイムでおなじみのいにレギュラーメニューとして終日、登場です。

食べ応えのあるボリュームのハンバーグとニンジン、じゃがいもなどの根野菜類などをシナモ特製のデミグラスソースで煮込み、仕上げにチーズを多めにかけてオーブンで焼き上げました。 

1日8個限定ですので、売り切れの際はどうかご容赦下さい。

※器が熱いのでご注意下さい